トップページ > まごころコラム
まごころコラム

自己分析が大切!会社売却をするためのポイントや判断軸

会社売却とは、何かご存知でしょうか?会社売却は時間を要します。現状や先を見通した判断の結果、売り時かやめ時かを判断しますが、できれば少しでも高い評価をつけたいところです。少しでもタイミングを間違えると大損する可能性もあります。今回は会社を高く売るためのポイントや売却するための判断軸4タイプ、売却価格の決め方について解説いたします。

続きを読む

事業譲渡はどういう時に有効?手続きの流れやお金の流れも解説!

事業譲渡とは、何かご存知でしょうか?M&Aの手法の一つである事業譲渡。会社の事業を他者に売却するこの方法は、簡単に言えば、会社の「一部」を譲渡する手段です。なかなか事業譲渡とは何か知る機会もないかと思いますが、今回は、買い手・売り手両方の観点からのメリットとデメリット、手続きの流れなど、事業譲渡について解説します。この機会に事業譲渡について詳しく知ってみませんか?

続きを読む

失敗は成功の母!失敗事例から企業買収成功のヒントを得る!

企業買収を円満に行うためにはどうすればよいのかご存知でしょうか?企業買収の成功率は30%~40%といわれています。そんな企業買収をするための心構えや企業買収の失敗例、企業の初期分析の重要性について詳しく解説いたします。

続きを読む

友好的に進めたい!「買い手」からみる中小企業のM&A

中小企業が事業拡大をするための成長戦略の一つに「買収」があります。買収は販促ルートや顧客、即戦力的人材を短時間で確保することができるため、毎年数多くの中小企業がM&Aでの買収を採用しています。買収に応じる売り手企業からみると、会社が無くなってしまうというネガティブなイメージを浮かべてしまいますが、国内における中小企業のほとんどが友好的な買収(M&A)を行っています。今回はM&Aにおける合併と買収の違いや友好的な買収を行うためのアドバイザー選びについてお話します。

続きを読む

事業継承をするにあたり考えるべき「人」と「金」

経営者にとって避けて通れない悩みといえば「後継者問題」ではないでしょうか。2015年の調査では経営者の平均年齢が59.2歳という結果が出ているにもかかわらず依然として中小企業の事業継承は進んでいません。敏腕経営のノウハウを持っている経営者も、後継者問題においては経験がないために先延ばしをしている現状です。そこで今回は次期後継者に必要とされる資質や事業継承の際に取り組む相続などを解説いたします。

続きを読む

「10年後も生き残るために」今スモールM&Aを検討する!

M&Aとは「合併(Merger)」と「買収(Acquisition)」の頭文字を意味し、これまでは大企業が事業の拡大を図るために行われてきました。その波は中小企業にまで拡がりをみせており一般的に「スモールM&A(中小企業のM&A)」と呼ばれています。後継者問題や今後の事業展開を視野に入れた場合、スモールM&Aは有効な手段といえるでしょう。今回はM&Aの動向やメリット円滑に進めるポイントなどをご紹介いたします。

続きを読む
個人情報保護方針について