トップページ > 譲渡・買収をご検討の方
譲渡・買収をご検討の方

企業(株式)・事業の譲渡について

法人が行う事業について、その事業に関わる社員、設備、顧客、取引先などを一括して他社へ譲り渡す(有償・無償にて売却する)行為を事業譲渡といいます。

赤字になった事業の整理や、社内での事業の選択と集中、社長の代替わり、相続などの理由で行われることが増えています。

また、廃業する際に、事業譲渡の選択肢があることで、社員の雇用や顧客へのサービスが維持できるなど、経営者の心理的不安も解消できます。

株式・事業譲渡のメリット

  • 株主や社員の理解が得られやすい
  • 事業の進捗を止めることなく移管することが可能
  • 債権債務をそのまま移管することも可能
  • 比較的短い期間で手続きも少なくて済む
  • 携わる社員も移籍する場合、顧客や取引先との関係継続ができる
  • 事業部門ごとの移動となるので、社名が変わっても対外的なイメージ低下は少ない
  • 同業他社への譲渡など候補先を探しやすい
  • 借入がある場合、譲渡金で返済に充てられるなどで金融機関への説明もしやすい

成功するM&Aのポイント(譲渡編)

  1. 事業戦略を明確にしておく
  2. 目的、規模、予算、資金を明確にしておく
  3. いい情報が入る仕組みを作っておく
  4. 情報はただでないことを留意する

企業(株式)・事業の買収について

企業や事業を買収する目的として、「自社事業の拡大・強化」「新規事業への参入」「業務の効率化」「外注費の削減」などが挙げられますが、M&Aによって買収することで、その事業を確立するまでの時間を短縮することができ、同時に優秀な人材の確保や、他社が保有する技術・ノウハウの取得が可能になります。

成功するM&Aのポイント(買収編)

  1. 信頼できる相談先を確保しておく
  2. 過度な税金対策はやめておく
  3. 売上より利益重視
  4. 業界動向に注意しておく
  5. 必要な資料を整えておく

私たち、まごころM&Aパートナーズでは、中小企業の皆様へM&Aの機会を提供し、企業の繁栄のお手伝いや後継者問題の解決等を図るべく、地方における友好的なパートナーシップ関係を築いています。

現状の問題を抱える企業のオーナー様や、将来を見据えた展開をお考えの経営者は、まずはお問合せください。

株式や事業の譲渡について、判断を迷われている経営者の方はこちらもご覧ください。

個人情報保護方針について