トップページ > M&A事例集 > 会社を売ったら、売上げアップ。社名も社長もそのままで!

M&A事例集

会社を売ったら、売上げアップ。社名も社長もそのままで!

自分で探すも宙ぶらりん

買い手は、同業とは限りません。最後の事例は、全く異なる業種へのM&Aが成功したケースを紹介しましょう。

売り手となったのは、内装を主体とした建築業を営んでいる年商3億円の会社です。業歴は35年で、社員は10名。社長さんはいわゆる「雇われ社長さん」で、別にオーナーがいらっしゃいました。ホールディング会社などでよくあるパターンです。ちなみにオーナーも社長も、年齢はすでに60歳を超えています。

売却を検討するようになったきっかけは、業績の悪化でした。近年の建設業界は好景気ですが、この会社はその波に乗ることができず、業績はむしろ下降線。オーナーは先行きの不安を感じていました。「このまま手をこまねいていては、ジリ貧に陥るだけ。なんとか雇用を守ることができないのではないか?」。思い悩んだオーナーは、「よい縁があれば、全社員の雇用継続を条件に、会社を売却しよう」と決断したのです。

そして、まずは同業者を対象に、自分で売却相手を探し始めました。オーナーは自分が思いつく同業者に手当たり次第、ラブコールをしたそうです。しかし、相手からすれば、なかなかYESともNOとも返事がしにくいものです。そのままずっと宙ぶらりんの状態が続き、たまに相手が興味を示しても、希望価格に大きな開きがあって話にならない…というパターンが自分で探す場合には多いのです。この会社もそんなパターンに陥り、何の進展もないまま、時間だけが経過。そこで当社に相談があり、仲介役を引き受けることになりました。

外食業に打診した理由

この案件のポイントは、どこに打診するかいうことでした。私は迷うことなく、ある異業種の会社にこの話を持っていきました。飲食店をチェーン展開している会社です。この会社は、ちょうど売り手が会社を構えるエリアへの出店を加速させようとしているとの情報を私はつかんでいたのです。

出店を増やしていくためには、店舗を作る建築業者の確保が不可欠です。とはいうものの、初めての土地で建築業者を探すのは容易なことではありません。それが信頼できる業者となればなおのことです。ところが、自社で建築業者を持つことができればどうでしょう。技術者を安定的に確保ができるだけでなく、施工のスピードアップや質の向上、企画のレベルアップ、コスト削減といった多くのメリットが生まれます。売り手となった内装建築の会社は、その飲食会社にとって、うってつけのパートナーだったのです。

その後はとんとん拍子でトップ面談となりました。価格についても私が客観的に提示した額で双方ともすんなり合意にいたり、最終契約を締結。売り手の当初の希望通り、10名の社員はそのまま雇用されることになりました。

外見は同じでも経営は改善

それだけではありません。社名も、社長も、社屋すらも、そのままで仕事を続けることができたのです。外部の人からすれば何も変わっておらず、M&Aがあったことなど気がついてもいないでしょう。

しかし、会社の中身は大きく変わりました。売り手となった会社は、それまでの取引先に加えて、飲食チェーンからの受注を安定的に得られるようになったため、M&A以後、売上げを毎年30%ずつ伸ばしています。社員さんたちのモチベーションも向上し、社内には活気がみなぎるようになりました。将来の見通しが明るくなっただけでなく、M&Aを行う前より雇用条件がよくなったので、それも当然のことでしょう。

まさに、売り手よし、買い手よし、世間(従業員・飲食店のお客様)よしの、三方よしの好結果。M&Aの相手を探す際には、同業にこだわらず、合併後の相乗効果をイメージすることがいかに重要であるかを改めて教えてくれた成功事例でした。

夫婦で育ててきた年商3200万円の会社が売れた!

まずはM&Aに「会社の規模は関係ない」という実例を皆さんにご紹介したいと思います。その会社は、どこの地域にもよくある「まちの不動産屋さん」でした…

詳しく見る

従業員を守り、老後資金を手にした、90歳の創業者社長

次は、業界の老舗企業が生き残りをかけてM&Aを決断した話です。その会社は、ビルの清掃業をしており、創業50数年の歴史がありました。ピーク時の年商は約1…

詳しく見る

創業社長が急逝…廃業の危機をM&Aで乗り越えた町工場

次に紹介する事例の主人公は、福岡県内で食品加工を営んでいた会社です。社員は15名。規模こそ大きくはありませんが、40年以上にもわたって地域に工場を構え…

詳しく見る

会社を売ったら、売上げアップ。社名も社長もそのままで!

い手は、同業とは限りません。最後の事例は、全く異なる業種へのM&Aが成功したケースを紹介しましょう。売り手となったのは、内装を主体とした建築業を営…

詳しく見る

駐車場(コインパーク)事業および法人株式の譲渡

福岡市内にコインパークを20件展開するP社は、新規事業の進出にあたり、コインパーク事業の売却を検討し、物件立地の効率化、業務のスリム化を終え、売却を決意されました。

建築業 業績低迷、先行き不安からの法人譲渡

S社は、内装業を営む業歴35年の会社です。近年の建築業界の活況の波に乗れず、業績が伸びず、やや下降傾向でした。

土木業 後継者不在によりM&Aを模索、継続交渉中

M社は創業50年を迎える老舗の土木会社です。社長が75歳、奥様72歳、長女Sさん51歳、次女48歳で、長女Sさんは10年前から財務経理を担い取締役として経営に携わっています。

不動産管理業 先行き不安からのハッピーリタイヤ

不動産賃貸業K社の社長は65歳で、社員5人と地域密着型の賃貸管理業者を経営されています。業歴も古く創業から35年にもなります。地域密着の方針を貫き、バブル崩壊、リーマンショックなど逆風にもさらされても、地域密着の強みを活かして今日までしっかり経営してこられました。

個人情報保護方針について