トップページ > 事業承継をM&Aで解決!
事業承継をM&Aで解決!

少子高齢化が進む日本において、企業においてもその影響が進んでいます。

帝国データバンクの「全国社長年齢分析(2018年)」によると、社長の平均年齢は過去最高の59.5歳となっており、特に「70歳代以上」の「年商1億円未満」の経営者が多いということから、小規模企業の事業承継は急務であることがわかります。

若い年代の経営者は、インターネットによって知識を得たり、SNS等で情報をリアルタイムで取得しているので、M&Aについても抵抗ない世代と言えますが、70歳代以上となるとその知識も乏しい方が多く、また「自分の会社を売る」ことで社員や取引先に迷惑がかかると思っている方も多く、決断できないまま廃業・解散となることが多いのが現状です。

しかし、長年経営されてきた小規模企業には、技術や設備、知財等も保有されていることもあり、M&Aという選択肢を知っていれば経営者自身も売却資金を得ることができ、また社員においても雇用の継続が図れて、それぞれにメリットを享受することができます。

まずはM&Aによって問題が解決できることを知り、自身の会社の企業価値を把握し、十分な準備期間をもって対策をして、候補先企業を探すことが大切ですが、会社経営をしながら自社の事業承継を進めることは難しく、候補先が現れたとしても、買収する側に有利な交渉で終わることが多いです。

まごころM&Aパートナーズは中小企業のM&Aに特化し、年商1億円未満の小規模企業が対象となるスモールM&A分野のサポートに自信があります。

私たちが貴社のパートナーとなり、事業承継や後継者問題を解決に導きます。

事業承継について詳しくはこちらのコラムもご覧ください

事業継承をするにあたり考えるべき「人」と「金」

経営者にとって避けて通れない悩みといえば「後継者問題」ではないでしょうか。2015年の調査では経営者の平均年齢が59.2歳という結果が出ているにもかかわらず依然として中小企業の事業継承は進んでいません。敏腕経営のノウハウを持っている経営者も、後継者問題においては経験がないために先延ばしをしている現状です。そこで今回は次期後継者に必要とされる資質や事業継承の際に取り組む相続などを解説いたします。

続きを読む
個人情報保護方針について