トップページ > スモールM&Aとは
スモールM&Aとは

スモールM&Aとは、比較的、規模の小さな企業(売上10億円未満、もしくは社員数が30名未満)で売却価格が1,000万円未満のM&Aを指すことが多く、今後ニーズが高まってくるM&Aのマーケットです。

10億円以上の中堅企業のM&A市場については専門家のノウハウも確立されていますが、スモールM&A市場は手間や時間の割に報酬が少ないこともあり、M&Aアドバイザーも少ないのが現状です。

弊社では、スモールM&Aマーケットも含め、売上10億円未満のM&A市場において、まずは福岡エリアでNo.1を目指しています。また、日本の企業数の8割以上を占めると言われるこの分野で、事業承継や法人(事業)の売却、買収のお手伝いをすることが、私たちの使命であると考えています。

「まごころ」でM&Aをサポートし、スモールM&Aの専門家となるべく、私たちは邁進いたします。

スモールM&Aについて詳しくはこちらのコラムもご覧ください

「10年後も生き残るために」今スモールM&Aを検討する!

M&Aとは「合併(Merger)」と「買収(Acquisition)」の頭文字を意味し、これまでは大企業が事業の拡大を図るために行われてきました。その波は中小企業にまで拡がりをみせており一般的に「スモールM&A(中小企業のM&A)」と呼ばれています。後継者問題や今後の事業展開を視野に入れた場合、スモールM&Aは有効な手段といえるでしょう。今回はM&Aの動向やメリット円滑に進めるポイントなどをご紹介いたします。

続きを読む
個人情報保護方針について